あなたの心をグッ!と掴む、注目記事を見逃すな!

  • DTM

DTMを始めるために最低限必要なモノ

こんにちはSeven & Eight Musicです

今回の記事では「曲を作ってみたい! DTMをやってみたい!」って人のために「DTMを始めるには最低限何が必要か?」というのを書いていきたいと思います。

簡単に言うとDTMとは、パソコンで音楽専用のソフトウエアや機材を用いて、作曲や演奏をすることです。
ディーティーエムもしくはデスクトップミュージックと呼ばれています。
作曲などの音楽活動が、プロだけでなく個人でもパソコンとその他すこし機材があれば簡単にできるんです。
便利な時代になりました。

「オレ楽器弾けないし、曲作りとかはなんかかっこよさそうだけど…
でも、作曲なんか無理だよな…」  とか

「作曲して女の子にもてたい!」  とか

「ユーチューブ動画のBGMなんか、自分でつくれたらかっこいいかも」 とか

「夢で、『お前は小室哲哉を超えられる!』っていうお告げをもらった!」

っていう方のために、「これだけあれば最低限DTMできるよっ!」ていうのを簡単に紹介します。

DTMをするために最低限必要なモノ

 

パソコン

DTMはパソコンを使っての楽曲制作なので、これがないと始まりません。(iPhoneやiPadなんかでできるガレージバンドってのもありますが

なるべくスペックの良いものを選びましょう。
メモリは8GB以上あると安心。(ただ、DTMをガッツリやる!と決めているなら、最初から16GBは欲しい)

Windows かMacか迷うとこですが、Dawソフト(作曲ソフト)が未対応のものもあるので注意。(Macしか使えないDawソフトなどもある。LogicなどはMac専用)

 

DAWソフト(作曲ソフト)

DAWDigital Audio Workstationの略。ディーエーダブリュー」とか「ダウ」とか呼ばれてる、作曲ソフトです。DAWは音楽制作のための統合ソフトなので、いろいろできますよ。
例えば…

  • 作曲&アレンジ(楽器弾けなくてもOK。DAWソフト内にある音源や追加購入したソフト音源を使用して曲作り)
  • オーディオ・インタフェースを使用してギターなどの楽器の録音(その音源の編集も可能)
  • オーディオ・インタフェースとマイクを使用してボーカル録音
  • ミックス(曲として各音のバランスを調整する    などなど。

DAWソフトで有名なのが
Cubase

Logic
StudioOne
FL Studio
Ableton Live
Pro Tools
         などです。

サウンドハウス

オーディオインターフェイス

「オーディオインターフェースは最初のうちは、
ないならないでなんとかなる!」ていう声も結構聴きますが…

オーディオインターフェースがないと…

  • スピーカー&ヘッドホンが基本使えない
  • ギターやボーカル、ベース シンセサイザーなどの楽器を録音できない
  • 「レイテンシー(録音時や演奏時に楽器などを弾いてから実際に音が鳴って聞こえるまでのタイムラグのこと)」が発生する。
  • 音がよくない。ノイズが入る。

というデメリットがあるので、やはり持っておくと安心です。

DAWのおまけ(バンドル)がある場合も!
オーディオインターフェースを購入するとソフトウェアのオマケ(例えば、DAWのお試し版・機能限定版みたいなもの。バンドルという)がついてきたりしますから、まだDAWソフトをお持ちでないかたはDAWがおまけでついてくるオーディオインターフェースを買って、そのDAWソフトを使って楽曲制作を試してみるのもオススメです。

モニターヘッドホン もしくは モニタースピーカー

これも結構後まわしにする人が多いです。

リスニング用(音楽鑑賞用)のヘッドホンやスピーカーではなく、モニター用のヘッドホンもしくは スピーカを購入してください。

リスニングスピーカーは音を心地よくかっこよく聞かせるために、高音や低音を加工・強調しているのです。
たしかに音楽鑑賞としては聴き心地はよいですが、このようなスピーカーで曲作りを進めていくと、曲が仕上がったとき必ず、
「こんなはずじゃなかった…」 「イメージと全然ちがう」
となってしまいます。

それに対してモニタースピーカーは加工や色付けなどをせず音を正確に再現します。
その正確な音を聞いて、音作り・曲作りを行うから最終的に曲が仕上がった時、どんな環境で聴いても同じように聴こえるのです。

サウンドハウス

以上が僕が考える「DTMを始めるために最低限必要なモノ」になります。

あとここでは紹介しませんでしたが、「MIDIキーボード」というものがあり、
これもあるととっても便利です。

「MIDIキーボード」に関しては、いずれ紹介したいと思います。

よろしければ参考にしてみてださい。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. DTM、失敗しないパソコン選び「CPU編 」【2018年版】のアイキャッチ画像

    DTM、失敗しないパソコン選び「CPU編 」【2018年版】

人気記事

  1. 「音楽形式を学ぶ」のアイキャッチ画像

「シンセサイザー」という魔物

  1. 「フィルター・エンベロープのADSR ②」 アイキャッチ画像 by セブン&エイト ミュージック フィルター・エンベロープのADSR ②
  2. 「フィルター・エンベロープのADSR」アイキャッチ画像 フィルター・エンベロープのADSR①
  3. 「シンセサイザーのフィルター・エンベロープ」のアイキャッチ画像 シンセサイザーの「フィルター・エンベロープ」
  4. SEVEN & EIGHT MUSICのブログ。「シンセサイザーの『アンプ・エンベロープ』の基本」のアイキャッチ画像。 シンセサイザーの「アンプ・エンベロープ」の基本
  5. 「シンセサイザーのフィルターの基本」 アイキャッチ画像 シンセサイザーの「フィルター」の基本
PAGE TOP