あなたの心をグッ!と掴む、注目記事を見逃すな!

安室奈美恵さん①【SUPER MONKEY’S時代】

安室奈美恵さん①【SUPER MONKEY'S時代】のアイキャッチ画像。

平成のヒロイン、「安室奈美恵さん」が2018年9月16日をもって引退することを発表しました。25年、日本の第一線で活躍してきた安室奈美恵さんの引退発表に日本中衝撃がはしりましたね。次々とヒット曲を生み出しJ-POP界にすさまじい勢いで名を刻んただけでなく、その存在感より女性たちのカリスマとなり、ファッション・メイク・ヘアースタイル・肌の色までを真似た、「アムラー」と呼ばれる女性たちが多く登場し社会現象となりました。
そんな国民的歌姫、安室奈美恵さんの引退発表は残念でしかたありません。安室奈美恵さんは私たちファンに多くの興奮と感動を与えてくれましたが、安室奈美恵さんの「デビュー当時」、意外とみなさん知らないのでは?

それではみなさん、この機会に「安室さんのデビュー当時」、知っちゃって下さい!!

安室ちゃんのSUPER MONKEY’S時代

以降、いちファンとして安室奈美恵さんに敬意を表し、「安室ちゃん」と呼ばせていただきます。

1977年9月20日生まれの安室ちゃんは沖縄県出身です。子供のころは有名な芸能養成スクール「沖縄アクターズスクール」に所属していました。当時から存在感とタレント性があった安室ちゃんは、沖縄アクターズスクール内で結成された選抜ダンスグループ「SUPER MONKEY’S」(スーパー・モンキーズ)のメンバーの1人。もともとSUPER MONKEY’S(スーパー・モンキーズ)は沖縄アクターズスクール内における20人ほどのトップ選抜グループの総称だったみたいですね。

そのSUPER MONKEY’Sも徐々に少数精鋭になり、デビュー曲「ミスターU.S.A/恋のキュート・ビート」をお披露目するころにはメンバーは5人安室ちゃんはそのスーパー・モンキーズでセンターを務めていたんです。当時はまだ、14歳。ちなみにこの当時のSUPER MONKEY’S、5人の中にはすでにあの「MAX」のメンバーだった、NanaとMinaがいたんです。そうSUPER MONKEY’Sは安室ちゃんとMAXの源流グループだったんです。そう考えるとスーパーモンキーズ、スゴイっすね…

さらにさらに、スーパーモンキーズのメンバーにはAKB48やSKE48の振り付けを担当するカリスマ振り付け師、牧野アンナさんもいました! スーパーモンキーズ、あなどれません。もっといいグループ名をつけさせてあげて!(心の叫び)。そんな精鋭グループSUPER MONKEY’S。でもSUPER MONKEY’Sのデビュー当時の映像を見てみると、や~ぱり「安室ちゃんの存在感は軍を抜いているな!」と感じます。

ORIGINAL TRACKS VOL.1 [ 安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S ]

価格:2,130円
(2019/4/18 05:09時点)

活動の幅を広げていったスーパーモンキーズ。1993年4月から、「NHKでPOP JAM’93」という若者向け音楽番組の放送が始まったのですが、マスコットガール兼バックダンサー「ポップ・ジャム・ガールズ」としてレギュラー出演するようにもなりました。この時スーパーモンキーズは、すでに牧野アンナさんが脱退していて4人体制。グループ名も「SUPER MONKEY’S 4」となっています。3枚目のシングル「愛してマスカット」はロッテ「マスカットガム」のCM曲。

その後SUPER MONKEY’S 4は安室奈美恵メイン体制が強くなり、「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S」に名前を変えます。いよいよ、ぐいぐい安室ちゃんを前面に押し出してきました。そして4枚目のシングル「PARADISE TRAIN」(パラダイス・トレイン)がリリースされます。「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S」にグループ名を変えてから初めてのシングルです。しかもボーカルは安室ちゃんの単独ボーカル。以降のシングル曲も安室ちゃんが単独でボーカルを務めていくことになります。他のメンバーには「歌を歌わせない」ということになりますね…
この曲を最後に SUPER MONKEY’Sのメンバー新垣 寿子(あらかき ひさこ)さんがグループを脱退します。

「SUPER MONKEY’S」としてデビューし「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S」に至るまで、活動の幅は確実に広がり人気も出てきました。しかしなかなかヒット曲が出ない… 安室ちゃんやほかのメンバーは苦しんでいました。

現実は厳しかったのです。もともと「SUPER MONKEY’S」は「沖縄アクターズスクール」から選抜された精鋭メンバー。「タレント性という総合力」で他の生徒より圧倒的に優れていたわけです。でも、いざデビューしてみると、なかなかヒット曲がでない…。SUPER MONKEY’Sのメンバーはみんな努力していたんです。でも、努力しても必ず報われるわけではない。まだ若い彼女たちは、そんな現実を同年代の女の子たちよりも早く目の当たりにしました。
でも彼女たちは知っていたと思います「努力は必ず報われるわけではない。でも結果を出す人は必ず努力をしている…と」。
グループを脱退メンバー(牧野アンナさん・新垣 寿子さん)はそれぞれ新たな夢に向かって歩みだします。一方、「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S」の中心メンバーの安室ちゃんの苦悩は続きます…(このシリーズはまだ続きます)

ORIGINAL TRACKS VOL.1 [ 安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S ]

価格:2,130円
(2019/4/18 05:09時点)


【Seven & Eight Music】の記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 「ジェームス・ブラウンとファンク・ミュージック」のアイキャッチ画像

    「ジェームス・ブラウン」と「ファンク・ミュージック」

  2. 安室奈美恵さん③ 【小室哲哉プロデュース始まる】のアイキャッチ画像

    安室奈美恵さん③ 【小室哲哉プロデュース始まる】

  3. 安室奈美恵さん⑤【SWEET 19 BLUES】でついに頂点へ のアイキャッチ画像

    安室奈美恵さん⑤【SWEET 19 BLUES】でついに頂点へ

  4. 安室奈美恵さん④【安室奈美恵&小室哲哉タッグの快進撃始まる】のアイキャッチ画像

    安室奈美恵さん④【安室奈美恵&小室哲哉タッグの快進撃始まる】

  5. 「安室奈美恵さん ありがとう! 小室哲哉プロデュースの終結」 のアイキャッチ画像

    安室奈美恵さん ありがとう! 小室哲哉プロデュースの終結

  6. 安室奈美恵さん②【TRY ME ~私を信じて~ 】でついにヒット!のアイキャッチ画像

    安室奈美恵さん②【TRY ME ~私を信じて~ 】でついにヒット!

人気記事

  1. 「ベートーヴェンが行った音楽革新」のアイキャッチ画像
  2. 「ベートーヴェンのバイオリンソナタ革新」のアイキャッチ画像

「シンセサイザー」という魔物

  1. 「フィルター・エンベロープのADSR ②」 アイキャッチ画像 by セブン&エイト ミュージック フィルター・エンベロープのADSR ②
  2. 「フィルター・エンベロープのADSR」アイキャッチ画像 フィルター・エンベロープのADSR①
  3. 「シンセサイザーのフィルター・エンベロープ」のアイキャッチ画像 シンセサイザーの「フィルター・エンベロープ」
  4. SEVEN & EIGHT MUSICのブログ。「シンセサイザーの『アンプ・エンベロープ』の基本」のアイキャッチ画像。 シンセサイザーの「アンプ・エンベロープ」の基本
  5. 「シンセサイザーのフィルターの基本」 アイキャッチ画像 シンセサイザーの「フィルター」の基本
PAGE TOP